〇和紙ができるまで 

1.和紙の原料 こうぞの木

10月のこうぞ

 和紙はこうぞ、みつまた、がんぴ

などの木の皮からつくります。

写真は、10月の美濃市穴洞こうぞ畑。

木の高さは、2~3mあります。

P1011160.JPG

 

冬になり、葉が落ちると親指ほどの

太さの長い幹が残り、これを株元から

刈り取ります。

同じ株から毎年収穫出来ます。

この木の皮が和紙になるのです。

 

 

 

2.こうぞの皮

美濃産こうぞ黒皮

こうぞの木を切り、蒸して皮をはいだもの。

乾燥させて保管し、使うときには水につけて、

煮る準備をします。

これは、美濃こうぞの黒皮です。

 

 

 

 

 

3.煮る

紙煮.JPG

 柔らかくするため、ソーダ灰を   

入れて大釜で煮ます。

 
手でちぎれるほどに柔らかくなる

煮たあとは、こんなに簡単に手で

ちぎれます。 

 

 

4.ちりをとる(紙しぼり美濃の方言

 黒皮を取り除く

きれいな紙にするため、黒い部分

(黒皮)を、手で一つ一つ

取り除きます。

とても根気のいる作業です。

 

 

黒皮ちりとり (1).JPG

 

左 取り除いた黒皮  

中 ちりとり済  

右 ちりとり前 

 

 

5.繊維をほぐす、叩解 (こうかい)

こうぞの繊維を細かく溶きほぐす

こうぞに水を加え、ミキサーの

ような機械(なぎなたビーター)で

繊維をほぐします。

叩解前の叩解後のこうぞ
ひも状のものが、ふわふわの綿のようになります。
上 叩解前 下 叩解後 

 

 

6.紙をすく 

CIMG0862 - コピー (2) - コピー.JPG

漉舟(すきぶね)に水、原料、
トロロアオイの粘液を加え、
よくかき混ぜます。

簀桁(すけた)という道具で、

紙料をすくって、ゆすり、捨てる、

という動作を何度も繰り返し、

一枚の紙を漉きます。

紙屋 紙を漉く

漉いた紙は、どんどん積み重ねて

いきます。

翌朝、板をかぶせてジャッキでプレスし、

水分をしぼりとります。   

 

7.紙を干す

一枚ずつはがして乾燥

不思議なことに、

紙は一枚ずつはがすことができます。

P8040044 - コピー.JPG 
乾燥機にはりつけて、干します。 

 

8.やさしい風合いの和紙に

P1011201.JPG
数字.JPG

こうぞの皮の自然色そのままです。

ややパリッとした、素朴でやさしい手ざわりの

和紙ができました。