○2019年手すき和紙カレンダー は、こちら ‼ Handmade paper calendar

 2019年手すき和紙カレンダー のテーマは・・・

『前向き ことば』―やる気が出る名言―  です。

P1011153.JPG 

高村光太郎、大久保利通、太宰治、武者小路実篤といった著名人の、

覚えておいて心の糧(かて)としたい名言やことわざが登場します。

人生の先輩たちの言葉には深みがあって、勇気づけられますよ。 

※このページの最後に、ショッピングカート(カートに入れる ボタン)があります。 

 

絵の原画は切り絵。ほのぼのとしたかわいらしさが人気です。

和紙の原料は、岐阜県美濃産こうぞを100%使用。

細長い形で掛けやすく、和室にも洋室にも。

英訳入りで、海外の方へのおみやげやクリスマスプレゼント、

年末恒例の贈り物としても喜ばれています。

【たて46.5×よこ22cm 2色刷り   使用素材ー手すき和紙、木、ひも、針金】

 

  

2019手すき和紙カレンダー1月~12月  さてどんな言葉がでるでしょう。ご覧ください。

P1011161 - コピー.JPG

1月「僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る」 高村光太郎(詩人・彫刻家)

There is no path in front of me.  A path will form behind me.

-Kotaro Takamura

 

2月.JPG

2月 「夢見ることをやめたとき、その人の青春は終わるのである

          倉田百三(劇作家、評論家)

 

 

P1011174 - コピー.JPG

3月「なんでもやってみなはれ やらなわからしまへんで」鳥井信治郎(サントリー創業者)

Give it a shot. You never know until you try.

-Shinjiro Torii

 

4月.JPG

4月「いいことがある ますますよくなる きっとよくなる かならずよくなる」 

  中村天風(実業家、思想家)

 

5月.JPG

5月 「無理をするな 素直であれ」 山頭火(自由律俳句の俳人)

 

6月 (2).JPG

6月「雨だれ石をうがつ」 ことわざ

 

P1011190 - コピー.JPG

7月 「あの黒雲の後ろには太陽が輝いている」新渡戸稲造(教育者・思想家)

Behind the dark clouds, the sun is always shining.

-Inazo Nitobe

 

8月.JPG

8月 「夢中で日を過ごしておれば、いつかはわかる時が来る

   坂本龍馬(江戸時代末期の志士)

 

9月.JPG

9月 「かれはかれ われはわれでいこうよ大久保利通(薩摩藩士、政治家)

 

10月.JPG

10月 「捨てる神あれば拾う神あり」 ことわざ

 

11月.JPG

11月 「笑われて、笑われて、つよくなる」 太宰治(小説家)

 

 

12月.JPG

12月「ふまれてもふまれても我はおきあがるなり 青空を見て微笑むなり 

   星は我に光をあたえ給うなり」武者小路実篤(小説家、詩人)

No matter how many times I am stepped on, i will get up. 

I will smile when I see the blue sky. The stars give me light.

-Saneatsu Mushanokoji

 

2019手すき和紙カレンダー 『前向き ことば』―やる気が出る名言― 

1部 3,456円(税込)  送料1部290円 2~4部500円

 手すき和紙(美濃こうぞ100%) たて46.5×よこ22cm

 

カレンダーをプレゼントされる方に、メッセージカード のサービスを始めました。(無料)

 メッセージカード.JPG

カレンダーをプレゼントされるとき、メッセージを添えてみませんか。

はがきサイズの和紙カードに、ご希望のメッセージを印字します。

メッセージをお知らせください(70字くらいまで)。

リボンの色が選べます。(赤・緑・ピンク・水色)